養殖ウナギを海にかえす

養殖ウナギを海にかえすときには靴下についているようなプラスチックのものが刺さっています。
それはなぜか?
それはその養殖ウナギという目印なので、天然のウナギを捕っている漁師さんは逃がすようってことらしいです。
ウナギに卵を産んでもらうために養殖ウナギを放しているわけですから養殖ウナギはとられちゃ困るわけです。
でも漁師さんからしたらせっかくとれたのにちゃんとはなすんですねぇ。
最終的には自分たち漁師のためですけど、「天然ウナギ」をうたっているんだからそこは正確にするべきってところもあるんじゃないですか?
そこが日本らしいところじゃないかと思うわけです。
まあ、過去には日本だって偽造事件がありましたけれども、基本的にはきちんとしているのが日本ですからね。