胸が大きいのが悩みの女性

今日読んだ本では胸が大きいのが悩みの女性が主人公でした。
なにがきついって、彼女の母親がそのコンプレックスを大きなものにしたことです。
同じ女としての葛藤でしょうか?
子供のころはまさしく精神年齢が低い男子にからかわれる。
それが嫌で傷ついている彼女に母親は「みっともない」と言うんです。
そこは「気にすることはない、あなたはあなたらしくいるのよ」とか言うべきじゃないですか。
両親共に教師である二人は偏屈であり、彼女をみとめない人達でした。
彼女を自分たちの思うように仕向けるわけです。
身内は大切です。
でもその関係性については果てしなくプラスにもマイナスにもなる存在です。
家族につくられていくのが子供ですよ。
影響されて人間ができていくのに子供を育てるべきではない人っているんですよね。
この本だけじゃなく私個人としても[家族]というのを考えると答えは出ません。
分かりあいたいけど分かりあえないこともあるからです。

ドライフルーツとミュゼの予約案内が届いてた

少し前にインターネットでいくつか注文をしたドライフルーツが今日届きました。
ドライフルーツって意外とお腹がふくれる割にはローカロリーでダイエット向きなんですよね。
なので旦那さんのダイエットに、私のデブ防止に役立つのでは?と、なかなかに期待しています。
またオイルコーティングや砂糖を使用していないドライフルーツのみを選んだので、子供のおやつにも健康的かな?と思います。
砂糖の甘さが欲しい時もあるけれど、ちゃんと自然の甘さも知って欲しいですよね。

ただ今回注文をしたドライフルーツは初めて食べる物も多く、「期待をしていたけれど思ったよりは・・・」と言うものもありました。
一つはアプリコットのドライフルーツ。
アプリコットジャムが好きなので美味しいかな?と思いましたが舌触りがなんとも微妙かもしれません。
もちろんアプリコット自体の味は想像通りでとても美味しいのですが、表面のモソモソ感が想定外でした。
アプリコットのドライフルーツは皆こんな感じなのか?それともオイルコーティングされたものもあるのか?は、よく分かりません。
美味しいので食べている内に慣れるかもしれませんが、慣れなかったらキルシュワッサー等に漬け込んでみようかと思っています。
それでもダメだったら細かくしてパンやお菓子に混ぜ込んでみるか、いっその事そのまま煮込んでしまうとかでしょうか?
でも子供はモサモサ感も特に気にせず喜んで食べていますね。
味は本当に好みで美味しいので、私も気にしなくなると良いのですが。

二つ目はいちじくのドライフルーツなのですが、これはいちじく自体を食べた経験が皆無なので食べれるかどうかが最初から分かりませんでした。
なので4個入りのお試しパックで注文をしたのですが、取り合えずお試しパックで正解だったかもしれません。
いちじくのドライフルーツって好きな方は多いようなのですが、我が家ではちょっと不評だったんです。
味にちょっとクセがあるなと思うので、好きな人は好きでしょうがダメな人はダメでしょうね。
子供にいたってはどうしても飲み込めずに口から出してしまいました。
栄養がありそうなので一番期待をしていたドライフルーツだったのですが少し残念です。
でもこのいちじくもパンやお菓子に混ぜて使えばまた違ってくるかもしれません。
クセがあるけれど味自体は結構美味しいので工夫をしてみようかと思います。

それにしてもお手頃価格なショップだったので、3000円分ですがドッサリのドライフルーツが届きました。
しばらくはパンやお菓子に大活躍出来そうです。

そして同じタイミングでミュゼプラチナムの予約の案内が届きました。
今年は脱毛やると年始に決めたので今回の格安キャンペーンを利用してみようかな。
ミュゼっていいのかなー銀座カラーとかJエステとかの方がいいんかなー
迷うけど今年はぜったいに脱毛をやるんだ!!!!!