保存療法

椎間板ヘルニアや脊髄管狭窄症は保存療法で9割は良くなるそうです。
一般的な痛みどめを使用していく。
運動療法…腰痛で激痛の場合は安静期間は2.3日です。
それ以降はできるだけ体を動かした方がよいのです。
保存療法は3か月間かかります。
それでもしびれなどの神経症状がああったり歩行や仕事に支障をきたす場合は手術が必要になります。
ヘルニア手術、後方椎間板摘出。
背中側から切除して神経を圧迫しているところをとります。
内視鏡なら1.5あら2センチの穴で良いので患者さんへの負担が少ない。
脊髄管狭窄症
骨を削って取り除く手術方法です。
骨を削っても全体的な強度に問題はないのって驚きですね。
筋肉が何層にも重なっているので大丈夫なんだそうです。