暗いところで本を・・・

暗いところで本を読むと目が悪くなる。
これは子供の頃に親に注意されたことがあるのでよく覚えています。
今は甥っ子や姪っ子に注意したりしていました。
しかし!!それは老若男女ではないらしいです。
大人の場合は近視が進むことはないので、大人には指摘したらそれは嘘になってしまうわけです。
ただ、子供の場合は手元にピントを合わせることが多いと近視が進行することがわかっています。
明るいところで本を読むようにというのは子供にしかあてはまらないんですね。
手元にピントを合わせるって、今でいうところのスマホやゲームがあてはまりますね。
昔よりも目が悪い人は多くなっているのは現代ならではでしょうね。
大人にはあてはまらないけど、子供には影響があるのだからやっぱり注意し続けるのは必要ですね。