子供は何をしだすか分からないということを痛感したお盆でした。
3歳と4歳の従妹が遊んでいるのをみていたときです。
あおむけで寝転がる三歳児のお腹を4歳のお姉ちゃんが自分の体重をかけて両手で押そうとしたんです。
胸のあたりならあばらがあるけど、おへそのあたりだったんですよ。
ビックリして止めましたがその後も何度もしようとするんですよ。
そのやり方が、人口マッサージに似ているなと思って聞いてみたら、テレビで見たと言っていました。
助ける動作として、悪いことじゃないと思っていたようです。
とりあえず説明しましたがとても危ない行為ですよね。
小さい子から目が離せないということがよくわかりました。
楽しいひと時とともに焦ることも多い時間でした。

コメントは受け付けていません。