昭和の漫画

海外にもファンがいるくらい大人気のスポーツ漫画。
監督が大事な試合の前日に心臓発作で倒れて入院、安静が必要となり当日の試合会場には行けないというピンチがやってきます。
昭和の漫画に言ってもしかたがないですね。
あの漫画は、監督がいないことがこのチームの枷になると相手チームの監督がほくそ笑むわけです。
実際にはその予測通りに、チームをまとめる人がいなくてマズイ状況になる。
まあ、勝利する主人公チームにおとずれる途中段階の試練ではありますね。
連載がいつまで続くかわからない以上、敗退して来年目指すということもありえます。
今だったら、動画を撮りつつ、ライブ中継でもすれば指示をあおぐことができるだろうなぁと思ってしまいました。

コメントは受け付けていません。