トップアスリートを見習う

かみ合わせが悪いと体のバランスがずれて肩こりになったりします。
ひじを立てて頬杖をつく、うつぶせ寝は姿勢やボディバランスに変化が出るので気を付けるようにしています。
正しいかみ合わせをしていると力が上がるということが分かっています。
何もしない普段の状態だと102キロの人がいます。
そこでスプリントという装置をつけて同じことをしてもらう。
個人の歯型を取ったマウスピースで、これをつけると104キロとアップしています。
本来は10キロほど上がる。
顎関節に問題があるので2キロしかかわらなかった。
良くなると歯の神経から脳へ送られる情報量がアップしてより活性化する。
脳からの指令が強くなるのです。
日本代表になるようなトップアスリートは歯のかみ合わせ治療はしています。
先日もテレビで見ましたし、本を出している人もいますよね。

がっかりな出来事

今日、とあるディスカウントストアに行ったんですよ。
レジの近くにあるティッシュボックスを最初に見て、最後に手に取ろうと思ったんです。
そうしたらいつもより人がいませんでした。
いつもはある程度レジが混んでいるのに不思議だなと思ったらその理由がわかりました。
商品の入れ替えとかをやっていてごちゃごちゃしていました。
棚卸とか数を数えるのはコンビニでも昼間にやっているのは見たことがあるけど、あんなのはじめて見ましたよ。
私が欲しいものは棚が移動されていて、人や段ボールばかりでした。
そして目当てのものは見つからず・・・。
それを買うためにわざわざ遠いところを来たのにガッカリですよ。
結局、食パンひとつしか買わずに出ました。

全然知らなかった

就寝前に窓のカーテンを開けました。
すると窓の外に見えたのは兄の車です。
車の運転席側の中で赤い光が点滅していました。
兄は息子ともう寝ているっぽいので、まだ起きてリビングにいる父親に聞きました。
すると防犯防止のものが作動してるだけだって。
車を持っていないので全然知りませんでした。
私はてっきり、車の中の何かスイッチ切り忘れとかかと思ったんですよ。
バッテリーがあがっちゃうようなことになったら大変だなって。
見ていたのになんとも思わなかったじゃ、罪悪感が残りますしね。
一応、聞いてみて良かったです。
車を持っている人には常識的なことでも乗せてもらうだけとかの私にはさっぱりわかりませんでしたよ。
少し焦ってしまいました。(笑)

子供は何をしだすか分からないということを痛感したお盆でした。
3歳と4歳の従妹が遊んでいるのをみていたときです。
あおむけで寝転がる三歳児のお腹を4歳のお姉ちゃんが自分の体重をかけて両手で押そうとしたんです。
胸のあたりならあばらがあるけど、おへそのあたりだったんですよ。
ビックリして止めましたがその後も何度もしようとするんですよ。
そのやり方が、人口マッサージに似ているなと思って聞いてみたら、テレビで見たと言っていました。
助ける動作として、悪いことじゃないと思っていたようです。
とりあえず説明しましたがとても危ない行為ですよね。
小さい子から目が離せないということがよくわかりました。
楽しいひと時とともに焦ることも多い時間でした。

薬剤師が一人いればいいのか?

薬剤師が、その薬局に一人いれば処方された薬の説明はその店の事務の人が薬を渡したり、ちょっとした説明をしてもいいのだろうか。調剤の薬剤師の求人とか見てて思う。
自分の今回の経験から、ふとそんなことを疑問に思いました。
地元の小さな医薬品販売をしている薬局なのですが、薬剤師の人はかなり年輩です。
多分、事務と色々な対応をする女性は娘さんで、薬剤師は父親といったところでしょうか。
病院で処方されて、本当はその病院の隣に処方箋薬局があったのですが、初めて行ったところだったので、見落としてしまいました。
仕方がなく家の近所の小さな薬局で、薬をもらおうと行ったのです。
そのときは別に何の違和感もなく、女性の説明を聞き薬をもらってきましたが、ふと頭の中に浮かんだ年輩の薬剤師。
本当ならば、彼が私に対して薬の説明をきちんとしなければいけないのではないかと思ったのです。
まあ、こうした地元に密着している薬局ですし私もこの薬局に行くのは幼少期以来で記憶もさほどないところです。
女性の説明も丁寧だったこともあって、そのままにしてしまいました。
こうした地元に根付いているので、そこらへんは暗黙の了解のようになっているのでしょうか。
間違いが今まで起こっていないということは、もしたら彼女も薬剤師の免許を持っているのでしょうか。
疑問だけは残ります。

目覚めが悪いと一日が嫌な気分

今日みた夢はグロかったです。
『ナイス蚊っち』っていう商品があるんです。
ラケットのかたちをしていて、面の部分が電流が通るやつです。
そこに電流がオンのまま蚊や虫をあてると捕獲できる便利商品です。
夢の中で私はそれを持っています。
大きいハエがいてうっとうしかったのでそれを狙っていました。
素早い動きで逃げるハエを追っていたら、ついにやりました。
電流部分にあたるとバチって大きな音がするんです。
今回は獲物が大きかったので音も大きい。
音どころか、ハエが電流で体が飛び散ったんです。
びしゃーって。
そしたらその中から小さいハエがばあああーって出てきてヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ
大本のハエの体も気持ち悪かったけど、大量のハエも怖かったですよ…。
目が覚めたら4時半でした。
怖かったけど、もう少し寝ようって寝ました。(笑)

暑中見舞いのはがきは小暑になったら出し始めるとされています。
小暑は7月7日から7月22日です。
大暑圧7月23日から8月6日
残暑8月7日から8月22日
二十四節気・・・節分を基準に1年を24等分して約15日ごとに分けた季節のことです。
一ヶ月の前半を「節」、後半を「中」と言いことになっています。
暑中見舞いの正しいマナー
見舞うというのは目上から目下に言う言葉。
病院でもいけないって、知らなかったです
「暑中お伺い申し上げます」が正解
段落わけは目下の人にわかりやすく書いてやろうということなのでやらない方が良い。
句読点も失礼にあたります。
(お体を崩されませんよう)、ご自愛ください
↑いらないのでご注意を。
2014年 仲夏、盛夏 と書く

腹が立ってしかたがないとき

心底腹が立って呼吸するのも苦しいくらいでお腹は痛いしもうなにもかも嫌になります。
SNSはTwitterしかしていませんがこんな気持ちを投稿する気にもなりません。
投稿するということは一目にさらすと言うことですからね。
それについて何もコメントされたくない、何も理由を言いたくないのならばしなければいい。
そういう考えなんですけどどうしようもない気持ちがおさまりません。
こんなときに、ちょっと聞いてよと言える人がいればいいのに時間とか考えるとそうそう電話もできません。
私自身あまり電話はしませんしね。
怒りの矛先を持っていくところがないのは私のせいなんですよね…。
と、怒りも悲しみもやるせない気持ちも最終的には普段からの身から出た錆と落ち着きます。

SNSであれこれ思う

SNSは利用すると便利だし通信手段としても広がるけれど、利点の裏には必ずマイナス面もありますよね。
Twitterで言えば、企業とかがリツイートすればキャンペーン商品が当選するというやつ。
一ヶ月一日一回の抽選チャンスとともにリツイートされる内容。
私の友達がそれをやっていてうっとうしかったです。
自分も欲しければ他の人にほ広がっていく広告がこれなんでしょうね。
でもこの手のものが多すぎて、この人は応募ばっかりしているなと少し見る目が変わりました。
それでも私もつられてことが2回ほどありますよ。
たった一回のリツイートで提携アプリ?設定になったせいなのか、しばらく謎のリツイートが多くなりました。
よくわからなくて調べたら提携アプリのところに入っていました。
そんなともりなかったのに・・・

最新のハンディカメラ

姪っ子が保育園でやってお遊戯会の様子の映像を見せてもらいました。
身内びいきを抜いても、他の子よりもノリノリでやっていたのがものすごく微笑ましかったです。
でも本人は恥ずかしかってしまって、見ていませんでした。(笑)
ハンディカメラのweb広告に同じようなシーンがあったんです。
お遊戯会を見たのは昨日だったので、他の子でもにやにやしてしまうくらいですよ。
そしたらそのハンディカメラは、ワイプ撮りが出来るやつでした。
全体と映しながら自分の子供だけワイプで抜いてという映像が残せるなんてすごいですね。
なんかいろんなものが進化しすぎてちょっと笑っちゃいました。
そこまでしなくても、やっぱり自分の子がよく映っていればいいのにねぇ。