危険な国での開催

今年の夏にはリオでオリンピックが開催される・・・はず、ですけど心配ですね。
会場が出来ていないとかよく聞く話しですけどそれだけではなく、治安が悪いのは改善されていないようです。
警察官と消防士が、「地獄へようこそ」とデモみたいなのをしていたのにも驚きです。
給料の支払いが遅れているので、警察官と消防士はオリンピックで訪れる観光客を守ることはできませんと断言していました。
ただでさえ治安が悪いのに、抑制がきかないとなると事件が増えそうですね。
オリンピックって世界の平和の祭典のはずなのに良いイメージがありません。
国でドーピングをみとめていたような国もあるし、日本だって東京オリンピックに対する不安だらけです。
かならず何かしらの事件が起きるものだし嫌なことだらけですね。

変えるべき教育

日本人は義務教育で英語を習っているのにテスト用の成績はとれても海外では通用しないってことは知られていますよね。
文法は合っていても外国人に話しても通じないとか。
そりゃそうだろうなって私も思います。
そもそも、子供の頃から治らっていてもその英語はすでに古いものになりつつあるんですって。
ちょっと違うかもしれないけど歴史だってだんだん認識が変わってきていたりするのだから、あたりまえですよね。
日本語にも人に言うには堅苦しかったり、上から目線の言い方だったりすることがありますよね。
ニュアンスの問題だったり受け取る人の問題だったりもしますけど。
英語でそうなってしまうということも学校で教えるべきでしょうね。
会話が出来る英語を学ぶ方がいいと思います。

わかりあえる友達

自分が求めていたのはこんな話しじゃない、と思ったんですけどそれって読者の勝手な言い分ですよね。
作家さんのイメージってあるじゃないですか。
この作家さんの話しならもっとほんわかした内容の本だと思ったんです。
しかしふたを開けてみたら女同士の気持ちが悪いドロドロとした話しでとても疲れてしまいました。
女性2人の視点で物語が進むので読者としたらどちらの気持ちも分かる状態です。
友達が欲しいという気持ちがあるのに、暴走してしまうって嫌ですね。
ちょうど私も自宅から近いところで同性の友達が欲しいと思っていたんです。
ネットで知り合いたいとおも思っていたので、嫌な気持ちが加速しました。
わかりあえる友達が欲しいって誰にでもある感情ですよね。

国内と海外作品

まあまあ好きな作家さんが翻訳した?という小説を読みました。
ひとことで感想を言うとしたら・・・日本じゃなかった。
あたりまえだ!と自分でツッコミを入れておきますね。(笑)
外人が書いた海外モノだから当たり前なんですよね。
でもこうも違うのかと思ったのは、やっぱり感覚が違うということがすごく感じました。
外国人だということをヒシヒシと感じるんですよ。
今までも日本ではないし、日本人じゃない登場人物がいる小説は読んだことがあります。
でも日本人が書く外国人だからかあまり違和感は感じませんでした。
だからこそこういう感想になるのに驚きました。
やっぱり人種によって感覚の違いってあるんでしょうね。
物語としては私の感性には合わなかったのも残念でした。

鳥がいっぱい

春ですね!と思ったら急に寒くなるこの季節。
でもまあ、確実に春っぽくなってきていますよね。
最近、窓の桟とかに鳥がとまります。
うぐいすのような気がするのですがよくわかりません。
一匹くらいなら、ああ、鳥がとまっているなぁってなりますけど、さっき5匹くらいがとまったりとまろうとしたりしたので追い払いました。
そんなところフンなんてされた日には困りますよ!
よくとまるところの窓のすぐそばに梅の木があるので余計によってくるのかもしれません。
それにしてもあんなに大量にいるなんて・・・。
前はそんなことはなかったのに増えたような気がします。
都心の方がではカラスが減ったという話題がありましたけど、うちのあたりはカラスだけでなく鳥が減ったってことはないですね。

難しいと気が付く

薬剤師一色の生活も大切ですけどプライベートも充実させたいです。
出会いってどこにころがっているんでしょうかね。
何かに所属したり、新たな趣味をつくるべきか・・・。
一番の目標はパートナーが欲しいということですけど、それと同じくらい切望しているのが近場で話せる友達が欲しいということです。
職場の愚痴があっても誰にも言えないし家の愚痴も言えないしで困っています。
ネット上での友達はいますよ。
実際に会う人ばかりですけど県外で数か月に一回くらいしか会えません。
もっと気軽に会って話しが出来る同性の友達も欲しいです。
大人になってからの友人作りは難しいと思ったけどよく考えたら子供のときだって何かのコミュニティで知り合って友達が普通ですよね。
すごく難しいです。

食べ合わせ、飲み合わせ

昔から食べ合わせてをしてはいけない食材が数々ありますよね。
薬も食べ合わせがあり、無知だと効果が得られないものがあるんですよね。
また違う種類の薬も一緒に飲んではいけないものがあります。
某サプリ会社が薬やサプリの飲み合わせについて質問に答える体制をとっていてなかなか良いところだなと思いました。
便秘薬と一緒に飲んではいけないものは牛乳というのはけっこう有名ですよね。
便秘薬は腸で溶けるように作られているのが多いものです。
牛乳は超で溶けるのでコーティングが溶けてしまい腸まで届かないことになります。
その場合は効果がでなかったり、効果があったとしても本来の力よりも薄れてしまいます。
効能が無効になるのはもったいないのでよく知る事が大切ですね。

薬剤師のお兄さんに相談

最近、お酒毎日のように飲んでるから朝が二日酔い。
それでも仕事終わりに疲れたから飲んじゃうんだよね。
なんか毎日のように飲んでたら肝臓が悪くなるって思うんだけど・・・。
それでも今悩んでるから飲んじゃう。
この間友達のお兄さんと一緒に飲んでた時も相談にのってもらったの。
そのお兄さん薬剤師で頭もよくて仕事楽しいって言ってて。
薬剤師すごくお金が高いイメージあるんだけどそこはそうでもないんだって。だけど
福利厚生がちゃんとしてるから俺はすごく安定してるって自分で思ってるっていう話しをしてたわけ。
それで相談にのってもらったの。
わたしは薬剤師とかあるわけでもないし、今の仕事やめたら次ないんじゃないかなって思ってすごく迷ってるんですけどって伝えたの。
そしたらそんな迷ってるならやめた方がいいってはっきりいわれた。
なんかぐだぐだ迷いながらやっていても先が見えないとおもうよって。
その通りなんだけどね。
薬剤師資格持ってるのってやっぱり強いですよねーなんて話したら本当は違うところに勤めたかったけどダメだったって言う話しもしててさあ。
お兄さんはお兄さんなりに頑張ったんだなって。
わたしも頑張らなきゃなって思えたんだよね。
ほんと相談にのってもらってありがたかった。

[PR]http://www.shinkeinaika-nurse.com/(神経内科の看護師求人探し)

お店のディスプレイ

お店のディスプレイって大切だなってことを痛感しました。
フォーマルな洋服を探していたんですよ。
テレビCMもやっているスーツとかを売っている某お店に行きました。
大きな店舗ではないですけど、天井も高く感じたんです。
とても見やすかったけどとりあえず下見ということでお店を出ました。
同じようなお店に行ってみたら、そちらは洋服がぎゅうぎゅう詰めだったんですよ。
同じサイズが何着もある状態ですね。
お店も暗い感じがしたし閉塞感がありました。
お店の人は茶髪でメイクの濃い女性です。
髪の毛が盛ってあってどこのギャバ嬢かと思うくらいの人でしたね。
対応は悪い感じはないのですが見た目が怖いです。
ディスプレイも悪いしイマイチな形なのに高かったのですぐにお店を出ました。

薄いから心もとない

シングルのトイレットペーパーを見るたびに思い出すことがあります。
それは何回も何回もトイレットペーパーを引っ張るときに出る音ですよ。
そんなに引っ張らなくてもってくらいカラカラと聞こえてきます。
自宅ではダブルを使っているので外出先でシングルをみかけると薄いなって思います。
最近、間違えてシングルのトイレットペーパーを購入してしまったんです。
それも24個入りです。
安いと思ったのはシングルだったからですね。
以前テレビでトイレットペーパーをどれくらい使うかってやっていて、すごく引っ張る人ばかりでした。
信じられないと思いましたがシングルばかりを使うようになったら、その気持ちがわかりました。
薄いから心もとないんですよね。