国内と海外作品

まあまあ好きな作家さんが翻訳した?という小説を読みました。
ひとことで感想を言うとしたら・・・日本じゃなかった。
あたりまえだ!と自分でツッコミを入れておきますね。(笑)
外人が書いた海外モノだから当たり前なんですよね。
でもこうも違うのかと思ったのは、やっぱり感覚が違うということがすごく感じました。
外国人だということをヒシヒシと感じるんですよ。
今までも日本ではないし、日本人じゃない登場人物がいる小説は読んだことがあります。
でも日本人が書く外国人だからかあまり違和感は感じませんでした。
だからこそこういう感想になるのに驚きました。
やっぱり人種によって感覚の違いってあるんでしょうね。
物語としては私の感性には合わなかったのも残念でした。

鳥がいっぱい

春ですね!と思ったら急に寒くなるこの季節。
でもまあ、確実に春っぽくなってきていますよね。
最近、窓の桟とかに鳥がとまります。
うぐいすのような気がするのですがよくわかりません。
一匹くらいなら、ああ、鳥がとまっているなぁってなりますけど、さっき5匹くらいがとまったりとまろうとしたりしたので追い払いました。
そんなところフンなんてされた日には困りますよ!
よくとまるところの窓のすぐそばに梅の木があるので余計によってくるのかもしれません。
それにしてもあんなに大量にいるなんて・・・。
前はそんなことはなかったのに増えたような気がします。
都心の方がではカラスが減ったという話題がありましたけど、うちのあたりはカラスだけでなく鳥が減ったってことはないですね。

難しいと気が付く

薬剤師一色の生活も大切ですけどプライベートも充実させたいです。
出会いってどこにころがっているんでしょうかね。
何かに所属したり、新たな趣味をつくるべきか・・・。
一番の目標はパートナーが欲しいということですけど、それと同じくらい切望しているのが近場で話せる友達が欲しいということです。
職場の愚痴があっても誰にも言えないし家の愚痴も言えないしで困っています。
ネット上での友達はいますよ。
実際に会う人ばかりですけど県外で数か月に一回くらいしか会えません。
もっと気軽に会って話しが出来る同性の友達も欲しいです。
大人になってからの友人作りは難しいと思ったけどよく考えたら子供のときだって何かのコミュニティで知り合って友達が普通ですよね。
すごく難しいです。

食べ合わせ、飲み合わせ

昔から食べ合わせてをしてはいけない食材が数々ありますよね。
薬も食べ合わせがあり、無知だと効果が得られないものがあるんですよね。
また違う種類の薬も一緒に飲んではいけないものがあります。
某サプリ会社が薬やサプリの飲み合わせについて質問に答える体制をとっていてなかなか良いところだなと思いました。
便秘薬と一緒に飲んではいけないものは牛乳というのはけっこう有名ですよね。
便秘薬は腸で溶けるように作られているのが多いものです。
牛乳は超で溶けるのでコーティングが溶けてしまい腸まで届かないことになります。
その場合は効果がでなかったり、効果があったとしても本来の力よりも薄れてしまいます。
効能が無効になるのはもったいないのでよく知る事が大切ですね。

薬剤師のお兄さんに相談

最近、お酒毎日のように飲んでるから朝が二日酔い。
それでも仕事終わりに疲れたから飲んじゃうんだよね。
なんか毎日のように飲んでたら肝臓が悪くなるって思うんだけど・・・。
それでも今悩んでるから飲んじゃう。
この間友達のお兄さんと一緒に飲んでた時も相談にのってもらったの。
そのお兄さん薬剤師で頭もよくて仕事楽しいって言ってて。
薬剤師すごくお金が高いイメージあるんだけどそこはそうでもないんだって。だけど
福利厚生がちゃんとしてるから俺はすごく安定してるって自分で思ってるっていう話しをしてたわけ。
それで相談にのってもらったの。
わたしは薬剤師とかあるわけでもないし、今の仕事やめたら次ないんじゃないかなって思ってすごく迷ってるんですけどって伝えたの。
そしたらそんな迷ってるならやめた方がいいってはっきりいわれた。
なんかぐだぐだ迷いながらやっていても先が見えないとおもうよって。
その通りなんだけどね。
薬剤師資格持ってるのってやっぱり強いですよねーなんて話したら本当は違うところに勤めたかったけどダメだったって言う話しもしててさあ。
お兄さんはお兄さんなりに頑張ったんだなって。
わたしも頑張らなきゃなって思えたんだよね。
ほんと相談にのってもらってありがたかった。

[PR]http://www.shinkeinaika-nurse.com/(神経内科の看護師求人探し)

お店のディスプレイ

お店のディスプレイって大切だなってことを痛感しました。
フォーマルな洋服を探していたんですよ。
テレビCMもやっているスーツとかを売っている某お店に行きました。
大きな店舗ではないですけど、天井も高く感じたんです。
とても見やすかったけどとりあえず下見ということでお店を出ました。
同じようなお店に行ってみたら、そちらは洋服がぎゅうぎゅう詰めだったんですよ。
同じサイズが何着もある状態ですね。
お店も暗い感じがしたし閉塞感がありました。
お店の人は茶髪でメイクの濃い女性です。
髪の毛が盛ってあってどこのギャバ嬢かと思うくらいの人でしたね。
対応は悪い感じはないのですが見た目が怖いです。
ディスプレイも悪いしイマイチな形なのに高かったのですぐにお店を出ました。

薄いから心もとない

シングルのトイレットペーパーを見るたびに思い出すことがあります。
それは何回も何回もトイレットペーパーを引っ張るときに出る音ですよ。
そんなに引っ張らなくてもってくらいカラカラと聞こえてきます。
自宅ではダブルを使っているので外出先でシングルをみかけると薄いなって思います。
最近、間違えてシングルのトイレットペーパーを購入してしまったんです。
それも24個入りです。
安いと思ったのはシングルだったからですね。
以前テレビでトイレットペーパーをどれくらい使うかってやっていて、すごく引っ張る人ばかりでした。
信じられないと思いましたがシングルばかりを使うようになったら、その気持ちがわかりました。
薄いから心もとないんですよね。

ショウガのスープ

ショウガは辛いから好きではありませんでしたが、歳をとってから味は好きになりましたよ。
摩り下ろしたスープとか、ほっとする美味しさがあると感じるようになったんです。
とくに寒くなると美味しさ倍増ですね。
風邪をひいたときなんかは、それで治ってしまうような気にもなります。
ただショウガがそのままの状態ではやっぱり抵抗があります。
私の3歳の甥っ子は食べますけどね。(笑)
ショウガスープも豆乳とか味噌系も好きなのに家族にはあまり好評でもないようです。
面と向かって拒否はされないけれど、つくっても残ってしまうというのはそういうことですよね?
自分だけで食べるのとは違って他の人のことまで考えなければならないので料理って難しいですね。

子供の味方であるべき

純日本顔なのに外国語のような名前の人を見て
見たり聞いたりするこっちの方が恥ずかしいわ!
親がつけたので親の罪です。
本人は悪くはありません。
でも結局その名前を背負っていくのは本人なんですよね。
その顔でその名前って・・・・
って思ったら失礼だしかわいそうなんでしょうけど、どうしてもそっちにいっちゃいます。
親が子供の人生の邪魔をするものだって気が付かないなんて不幸です。
よっぽどカッコいい人やかわいらしい人じゃなければ外国語のような名前は無理でしょ。
いや、容姿が良いなら良いで、やっぱりからかいの対象にはなるでしょうね。
裁判で名前の変更がみとめられる例もありますけど、かならず変えられるわけではないですから大変ですね。

暗いところで本を・・・

暗いところで本を読むと目が悪くなる。
これは子供の頃に親に注意されたことがあるのでよく覚えています。
今は甥っ子や姪っ子に注意したりしていました。
しかし!!それは老若男女ではないらしいです。
大人の場合は近視が進むことはないので、大人には指摘したらそれは嘘になってしまうわけです。
ただ、子供の場合は手元にピントを合わせることが多いと近視が進行することがわかっています。
明るいところで本を読むようにというのは子供にしかあてはまらないんですね。
手元にピントを合わせるって、今でいうところのスマホやゲームがあてはまりますね。
昔よりも目が悪い人は多くなっているのは現代ならではでしょうね。
大人にはあてはまらないけど、子供には影響があるのだからやっぱり注意し続けるのは必要ですね。