めんどくさい人

20歳くらい歳の離れた人とちょっとした交流があります。
その人のことはあまり好きではないけれど、大人なんでそんな態度は出していません。
こないだ、学生の娘さんの話題になりました。
「ちょっと必要があって、プロに写真を撮ってもらったの。見たい?」
別に見たくはないけれど、ここまで言われて拒否をするわけにもいかず見ました。
まあ、悪くもなく良くもなく?でした。(笑)
で、なんで写真を撮ったのかですけど、すごく話したそうにしてるのに自分では言わないんですよ。
まったく興味がなかったので、なんでかは聞きませんでした。
何かのオーディションとかみたいな雰囲気でしたが、芸能人になるには華はありませんでしたね。
自分の娘が可愛いのは分かるけどめんどくさい人です。

会話に困る人

自分から話題をふるのならその話題のオチまで用意して欲しいものです。
こういうことがあってこんなことになったなどなど。
旦那とこれをした、だけでは「へぇ~そうですか」で終わると思いません。
たとえばそれが変わったことや珍しいことだったら面白いかもしれません。
ただ日常的なことを言われたこちらはなんて答えればいいんでしょうか。
先日は「旦那と一緒にさやえんどうのヘタ剥きをした」と言われたんですよ。
私は「手伝ってくれる素敵な旦那さんですね」とあたりさわりのないことを言いました。
そしてその会話は終わりです。
だからどうした?!と思ってしまったのは、私だけでしょうか。
その人の会話っていつもそんなふうなんですよ。
面白い話題をふれとはいいませんけど、その時に話したことがあるとか他になにかないんですかね。

納得がいかない

いつの間にかセールになっているのってなんなんでしょうかね。
とある通販サイトで洋服を買ったんです。
去年も同じような季節に購入したような気がします。
それで登録した覚えのないメールマガジンがきたんですよ。
私が購入してから二週間くらいなのに、そのときには見なかった洋服があったんです。
しかもセールになっていて安かったんです。
あ。これ欲しいなと思ってクリックしたら、すでに売り切れていました。
せっかく欲しいと思ったのにその気持ちがいっきに萎んでしまいました。
ちょっとした差だったのかもしれませんけど、そんなときに限ってずっとパソコン前にいたときだったんですよ。
一日あけていて間に合わないのならともかく、メールがきてすぐ見たのに売り切れって腹が立ちます。

日本人で花粉症

日本人で花粉症の人は多いですよね。
花粉症の原因はスギだけではないけれど、花粉を飛ばさないスギを植えるなど対策があるそうです。
でもそれは大々的に進めることはないってご存知ですか?
花粉症の薬はもちろん対策グッズなどはたくさん売れています。
だから花粉症になる人が少ないと困る業界もあるのです。
花粉症の医療にかかる人だっていて、それは医療費が増えるということにも直結しています。
苦しむ人もいるのにそれを阻止するのを拒むのって酷いなと思います。
花粉症対策のためには花粉が必要です。
でも花粉を集めるのは大変なので、花粉というのはかなりの大金になります。
花粉の大量の黄色い粉を見るだけで、うわってなりますけどそれがお金に見える人もいるんですね。

上機嫌だと集中力アップ

上機嫌なときの方が集中力がアップしてなにごとも成功することが多いそうです。
そして不機嫌だと集中力が低下しているので失敗してしまう。
物事を上手くすすめていくためにはメンタルコントロールが必要というのは、まあ、わかりますね。
でも感情を安定させるって難しいですよね。
なにごとにも動じない強さは欲しいけれど、それを備えている人はあまりいないでしょう。
精神的な強さは誰もが求めるものだと思います。
朝起きて少量の塩分で血圧が上がってテンションも上がるそうですよ。
でもこれは高血圧の人はもちろんよくありませんね。(笑)
テンションをあげるために塩分をとるってなんだか危ないような気がします。
きちんと目覚めるために朝日を十分あびるとか健康的なものがいいですね。

鎖骨が悪くなってきて肩こりになるということがあるそうです。
首を支えている背中にかけての問題が一般的ですが、鎖骨が弱くなっているなんてあまり聞かないですね。
鎖骨が弱り下がり鎖骨になって健康な鎖骨は斜めに翼のようにある。
しかし、鎖骨がまっすぐになっているように見えるのが下がり鎖骨です。
肩こりで病院に行った人の4人に1人ですって。
首から出た神経は鎖骨の下を通って腕の方にいきます。
鎖骨が下がっているとあばらとの間が小さくなっていて血管が圧迫を受けて肩に老廃物が貯まっていまいます。
慢性かすると腕が痺れたり、片頭痛につながります。
神経が圧迫されるのでだるさやしびれにいき、睡眠障害まで招いてしまいます。
私はまったく肩こりはありませんが、「ただの肩こり」だと思っている人はご注意を!

自律神経のバランスと免疫力

大きな仕事が終わると病になる可能性があるそうですよ。
自律神経のバランスが崩れたり免疫力が衰えてしまうからです。
大きな仕事をしていると緊張感があるものです。
それは日々のやりがいや充実した生活になるんでしょうね。
会社を退職した男性が家にしか居場所がないなどなど、ああ、あるだろうなという感じですね。
まあ、充実しているかしていないかは別として役割がなくなるというのは大きな変化ですよね。
忙しいのは嫌だ、会社にはいきたくない、仕事は休みたいって思っていたものが全部なくなるんですからね。
そうなったときに女性よりも男性の方があたらしい世界には簡単にはいけないような気がします。
もともとの土台がない男性が多そうですからね。

猫弁シリーズの最終話

猫弁シリーズの最終話を読みました。
何度読んでも猫弁と亜子のカップルは不思議です。
手をつないだことしかないのに結婚って・・・。
まあ、お似合いではありますけどね。
今回は猫弁を捨てた母親が登場してきます。
前作でも切なかったけど、今回も悲しくなりました。
母と息子が相対したのは、犯罪者と弁護士という裁判所の中です。
判決後に「何故息子を捨てたのか?」と聞く猫弁。
全ての人はこの二人が親子だと知らずにわけのわからない状態です。
母は捨てたことは間違いではなかったと答えます。
優秀な頭脳を持つ猫弁の将来の姿としては間違いではないとは思います。
でも彼にはいろんなものが欠けていますよお母さんと言いたくなりました。
これで終わっちゃっていいのか?と思いました。

トップアスリートを見習う

かみ合わせが悪いと体のバランスがずれて肩こりになったりします。
ひじを立てて頬杖をつく、うつぶせ寝は姿勢やボディバランスに変化が出るので気を付けるようにしています。
正しいかみ合わせをしていると力が上がるということが分かっています。
何もしない普段の状態だと102キロの人がいます。
そこでスプリントという装置をつけて同じことをしてもらう。
個人の歯型を取ったマウスピースで、これをつけると104キロとアップしています。
本来は10キロほど上がる。
顎関節に問題があるので2キロしかかわらなかった。
良くなると歯の神経から脳へ送られる情報量がアップしてより活性化する。
脳からの指令が強くなるのです。
日本代表になるようなトップアスリートは歯のかみ合わせ治療はしています。
先日もテレビで見ましたし、本を出している人もいますよね。

がっかりな出来事

今日、とあるディスカウントストアに行ったんですよ。
レジの近くにあるティッシュボックスを最初に見て、最後に手に取ろうと思ったんです。
そうしたらいつもより人がいませんでした。
いつもはある程度レジが混んでいるのに不思議だなと思ったらその理由がわかりました。
商品の入れ替えとかをやっていてごちゃごちゃしていました。
棚卸とか数を数えるのはコンビニでも昼間にやっているのは見たことがあるけど、あんなのはじめて見ましたよ。
私が欲しいものは棚が移動されていて、人や段ボールばかりでした。
そして目当てのものは見つからず・・・。
それを買うためにわざわざ遠いところを来たのにガッカリですよ。
結局、食パンひとつしか買わずに出ました。